JAPAN DREAM アライアンスパートナー:Rock’n Wolf様 インタビュー

こちらからROCK’N WOLF様との協働プロジェクトの様子もあわせてご覧ください。

ROCK’N WOLF 三浦代表インタビュー

【取材日:2021年1月11日、第一回アジリティー教室開催後】

Q:子ども達にドッグアジリティー教室を開催した率直な感想を教えてください

初めてアジリティを体験する子供が、アスリートドッグと一緒に走れるのかしら…

と思っておりましたが、初めは『???』となっていた犬達が子ども達をリードし始め、それにつられて子ども達が全力疾走する姿は感動的でした。

この体験が、一瞬でもキラキラするものであれば嬉しく思います。

Q:体験会の依頼を快く受け入れてくださった理由や開催するにあたっての”想い”の部分をお聞かせください

アジリティの普及の為に、若い世代の方々にどんなスポーツかを知っていただく機会は大事だと思った事と、(SOLTILOコーチの)土屋さんが様々なスキルを持った興味深い方でしたので(笑)

自分が小学生の頃に競馬の騎手になりたかったのですが、当時インターネットも無く、どうすればなれるのか全くわからずにいましたので、犬関係の仕事をしたい子ども達の良いきっかけになれば幸いです。

Q:参加させて頂いた子ども達の仕草や表情で、印象に残っていることはありますか?

みんな最初はおっかなびっくりで、特に10歳の男の子は完全に腰が引けていましたが、犬とコースを思いっきり走った後はすっかり慣れて、子ども達が生き生きとし始めた姿が印象的でした。

Q:本日の体験会が、子ども達にとってどのような体験となって欲しいですか?

動物の力を感じてもらえれば、他を愛おしいと感じたり、より強く優しくなれるのではないでしょうか。

Q:最後に、動物関係の仕事を夢見る子ども達へメッセージをお願いいたします。

動物を扱うお仕事の大半は肉体労働です。

しっかりと運動をして、ご飯をたくさん食べて、いろんな事に負けない身体と心を養って下さい。

犬や馬は絶対にあなたを裏切らず、きっといつも寄り添ってくれるはずです。


三浦代表、ご協力いただきありがとうございました!

第二回、第三回もぜひよろしくお願いいたします!

Rock’n Wolf様 ホームページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です